向日葵 蘭のテニミュ、斎藤工さんを中心に語るブログという名のメモ帳です☆★
Recent Entries

2007-01-18 (Thu) 20:36 ありがとさ-んかく☆でした!!
2007-01-11 (Thu) 21:14 またまた
2006-12-31 (Sun) 01:10 お久しぶりですノシ
2006-12-14 (Thu) 20:21 ごめんなさぁいぃ;;
2006-12-12 (Tue) 21:35 つかれたー!!
2006-12-11 (Mon) 19:08 眠い…
2006-12-10 (Sun) 19:37 ねっむっ…
2006-12-09 (Sat) 22:02 M&Mレポ9
2006-12-09 (Sat) 21:29 M&Mレポ8
2006-12-09 (Sat) 20:41 メンマンレポ7
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 top↑
DDCレポ4
続きです。
オーディションの話まで。
キ「すごい長かったですね!!」
工「しかも最後カメラに映りきってませんでしたよね(苦笑)」
キ「頭の上のほう切れてましたね(笑)なんか斎藤工トークショーなのにメイキングよりこの映像の方が遥かに長いよね(苦笑)これでもカットしたみたいだよ!!本当ゎ倍あったんだって(笑)」
~~~
キ「オーディションって言ってたけどオーディションゎよく受けるの??」
工「受けますね。すごいオーディション受けますよ。僕オーディション男ですから(笑)」
キ「なんか電車男みたいだね(笑)」
工「オーディションメン??(笑)オーディションメン2みたいな(笑)」
キ「2なんだ(笑)」
工「3と4もあるんですよ(笑)でも4ゎ調子乗ってこけるんです(笑)」
~~~
工「でもオーディションって多分皆さん受けないですよね?あの、社員面接みたいな感じです。ていうか僕オーディション大嫌いなんですよね。頭突きしたくなります。」
キ「え!?(笑)」
工「なんか『はい、じゃあ自己アピールして』って言われて『どこどこから来た何々です』って言うんですけどあの重苦しい感じがすごい嫌ですね。入って頭突きして壊してやりたくなります(笑)
でもンーー!!って歯止めがかかるんですよね。」
キ「そりゃあかからなきゃ困るでしょ(笑)」
~~~
キ「なんか今までで面白かったオーディションってある??」
工「そうですねー…モデル時代のオーディションで東京コレクションっていうのがあってその…なんていうんだろう…時期だったんですよ。それでモデルのオーディションって歩くんですよね。でも審査したデザイナーさんが服をオーディションの最中に切り始める方だったみたいなんですよ。そしたら僕の袖を切り始めまして。
しかもその切ってる時に僕の腕も切っちゃったんですよね。」
キ「えぇ!?!?;」
工「『ごめんねー』とか言われて。よく切っちゃうみたいでした(笑)ぁ、でもそんなにひどくゎないんですよ。ちょっとだったんですけど。でも『スパッ!!』って音しましたね(苦笑)」
キ「あぶないですねー;」
工「そうですね;でもそれゎ受かりました。」
キ「ぁ、受かったんだ(笑)」
~~~
工「それから海猿って映画のオーディションもあったんですよ。で、要項『上半身を見せていただきます』って書いてあった。それで『これゎきたぞ』と思いまして。一週間くらいジムに通って筋トレしたんですよ。」
客「一週間…笑」
キ「ぁ、なんか一週間に突っ込まれたよ!!笑」
工「でもオーディションって期間が短いんですよ。一週間後とかだったりするんです。それで当日僕海パン入ってたんですよ。」
キ「海パン!?(笑)」
工「はい、海パン。」
キ「でもそれゎ別に海パンを履いてきてくださいって書いてあったわけじゃないよね??」
工「そういうわけでゎ全然ないですね。
で、三人一組で受けるんですけど、右があの仮面ライダーの方で右が…あの…うーん、言えないや(苦笑)とにかく有名な方だったんですよ。でそれぞれ自己アピールしてて変身!とかなんとかチャージ!とかやってたんですよね。
”あー俺そういうのないやー”って思って普通にやったんですけど。
で、ついに上半身を脱ぐときがきてですね、これゎきた!!と思い、全部脱ぎました。海パン一丁になりました。」
キ「えぇぇぇぇえぇぇええええ!?!?!?;俺ゎ変身なのに何コイツ;って感じだよね;」
工「両側ドン引きでしたね(そりゃそうでしょうとも…笑)
そこでボソっと『面白いね』って言ったのが聞こえまして。そのまま受かりました。
後で監督に聞いたら海猿ゎやんちゃってイメージだったみたいなのでOKだったみたいです。」
キ「ほかのところでゎ脱がないの??(笑)」
工「脱ぎませんね(笑)そこゎ空気読めるみたいです。」
~~~
キ「じゃああれゎ??長髪でメガネかけてこれ(と打ち合うポーズ笑)」
工「なんですか?それ??(笑)」
キ「フォアとバック!!(笑)テニス!!!笑」
~~~
工「あれゎ三次まで審査があったんですよ。一時が書類で二次がどっかのスタジオで30~40人集まってやるんですよ。それがもう疲れちゃって。
結構最初のほうだったんですよ。でもすごい後ろがいて。そしたらもう何もすることないんですよね。
横の人がやって、おぉ頑張ってるな、と。で、次、次って終わってくんですけど。もうこれゎやることがないな、と。だから僕も審査したんです。」
キ「へ??待って。工くん受けに入ったんだよね??(笑)」
工「もう先が長いんで、僕もあっちの審査する側に立って審査しようと思ったです。そしたら目をつけた人ゎあがりましたね。(なんかこの和樹の話、前にもどこかで聞いたな苦笑)
書類通ってある程度イメージがある人が来てるので。」
キ「じゃああっちにも思われてたんじゃない??」
工「どうなんでしょうね…ぁ、言ってました!!印象に残ったのゎ誰と誰でいたみたいな。」
キ「そこでゎ脱がなかったの??」
工「そこでゎ脱ぎませんでしたね。」

↑どっかで「でもオーディションって面白いですよね。最初と言ってる事違うぞ、って感じなんですけど(笑)」とも言ってました。
あと、あのマグマ衣装の話で「スタイリストさんが冗談で持ってきたんですけどあのキャラの中だったんで着てみたんです。そしたら思った通り特に浮くこともなく」とも言ってました。



→続
スポンサーサイト
Dance Dance Creationレポ comments (0) trackback (0) top↑
<<DDCレポ5 | The Secret Rainbow | DDCレポ3>>
comments
top↑
*Post a Comment*
 

管理者だけに閲覧
 

Track Back
top↑
| The Secret Rainbow |


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。