向日葵 蘭のテニミュ、斎藤工さんを中心に語るブログという名のメモ帳です☆★
Recent Entries

2007-01-18 (Thu) 20:36 ありがとさ-んかく☆でした!!
2007-01-11 (Thu) 21:14 またまた
2006-12-31 (Sun) 01:10 お久しぶりですノシ
2006-12-14 (Thu) 20:21 ごめんなさぁいぃ;;
2006-12-12 (Tue) 21:35 つかれたー!!
2006-12-11 (Mon) 19:08 眠い…
2006-12-10 (Sun) 19:37 ねっむっ…
2006-12-09 (Sat) 22:02 M&Mレポ9
2006-12-09 (Sat) 21:29 M&Mレポ8
2006-12-09 (Sat) 20:41 メンマンレポ7
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 top↑
スイッチを押すときレポ6
区切りのいいところまで。
すみませんが今日ゎここまで;
明日全部アップします!!
自分の見たまま、聞いたままの全てをマサミに打ち明けるばっち。
でもマサミはそれを信じようとしません。
そこにリョータも表れ、手紙のことも全て打ち明けます。
それでも「渡して持って帰ってきたのかも」「封が開いてるゎ読んだ証拠」と信じようとしないマサミ。
そこに南さん登場。
「違うんだマサミ・・・信じてくれ・・・」とマサミに泣きつこうとする南。
でも「もうそんな芝居ゎ通用しない」というリョータ。
南スイッチオン!!笑
開き直ります。
「あぁ、芝居だよ・・・でもその芝居に騙されていたのゎ誰かな?」と問いかけます。
リョータ切れ。南に殴りかかります。
「あんな幼稚な手紙。よく書けるな。恥ずかしくないのか?」と更にヒロを侮辱します。
そして殴りかかるリョータ。すると南さんのポケットから何か銀色の箱のようなものが落ちます。
それにゎ気づかず殴りかかり続けるリョータ。
マサミがやめて!!と止めに入ります。
「なんだよ・・・いつも俺が悪者になるのかよ・・・!!」と切れるリョータ。そして南のポケットから落ちた銀色の物の存在に気づきます。
それゎなんと・・・旧式のながやんのスイッチ。
皆と同じく10歳からずっとセンターにいて、最年長の生き残りだという南。
「どうして外に・・・」と疑問に思う三人。しかし運ばれるときもずっと監視されているという南。
勤務ゎもちろんセンターから一秒ともここから離れたことなどない南・・・。
そして彼は周りからどんどん人がいなうなっていく中、生きる意味を失いかけた。その時「スイッチを押す手伝いをしないか」といわれた。勿論喜んで引き受けた。何か意味を見出すことができるならばと。
錯乱状態になりつつある南をマサミゎ抱きしめ言う。「これから生きていこう・・・四人で・・・」
その言葉に反論するリョータ。
「何でだよ!?三人だろ!?なんでこいつも数に入っているんだよ!?」「俺のところに来いよ」というも南の元から離れないマサミ。
そのマサミに「じゃあ三人にしてやるよ」と南のスイッチを押そうとするリョータ。
「そんなの犯罪だ!しちゃいけないよ!!」と止めるばっち。「死にたくないんだ頼む!殺さないでくれ!」と必死に抵抗する南。
そしてリョータが南のスイッチを押そうとする・・・

「ポキッ」

スイッチを押す音が鳴り、倒れたのゎ・・・リョータだった。
マサミが交換していたリョータのスイッチを押したのである。
慌ててリョータに駆け寄るばっち。
「どうして!?こんなのおかしいよ!!」と泣き叫ぶばっち。
そして落ちた南のスイッチを拾うマサミ。
「スイッチを押してしまえ!!」とマサミに言うばっち。黙って南に近づくマサミ。怯える南。
「殺さないでくれ!殺さないでくれ!」と必死に命乞いをします。
「あなたを助けたのにどうして怯えるの・・・??」と南にスイッチを返し、「私ゎ・・・許されないことをした」というマサミ。
その「許されない」ことの発言に「僕もこの手で何人もの人を自殺に追い込んだ・・・でも全員思い出せないんだ・・・!!!」「俺こそ許されない・・・お母さん・・・お母さん・・・!!」と泣き叫ぶ南。
そこに近づき、静かに抱きしめ、「これから三人で生きていこう」と励まします。
決心のついた三人。南の持っている鍵で外に出ようと決め、最初ゎ戸惑っていたばっちも「どうせ死ぬなら外の方がいいだろう」と説得され、車椅子に乗せて逃げようとしたその時・・・
「バーン」と銃音がして署長が登場。
逃がさないよ・・・と引きとめようとする署長。
それでも逃げようとする三人に銃を発砲。南に当るのを庇い、銃弾ゎばっちの足に当ります。
そして南が殴りかかり、署長を蹴り、倒れた隙に全員で逃げます。

全員が立ち去ると「痛いなー・・・本気で蹴ること無いじゃないか・・・。・・・さて・・・これからだ・・・」と言い署長ゎその場から立ち去ります。

スポンサーサイト
スイッチを押すときレポ comments (0) trackback (0) top↑
<<ばっきゃろ!! | The Secret Rainbow | スイッチを押すときレポ5>>
comments
top↑
*Post a Comment*
 

管理者だけに閲覧
 

Track Back
top↑
| The Secret Rainbow |


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。