向日葵 蘭のテニミュ、斎藤工さんを中心に語るブログという名のメモ帳です☆★
Recent Entries

2007-01-18 (Thu) 20:36 ありがとさ-んかく☆でした!!
2007-01-11 (Thu) 21:14 またまた
2006-12-31 (Sun) 01:10 お久しぶりですノシ
2006-12-14 (Thu) 20:21 ごめんなさぁいぃ;;
2006-12-12 (Tue) 21:35 つかれたー!!
2006-12-11 (Mon) 19:08 眠い…
2006-12-10 (Sun) 19:37 ねっむっ…
2006-12-09 (Sat) 22:02 M&Mレポ9
2006-12-09 (Sat) 21:29 M&Mレポ8
2006-12-09 (Sat) 20:41 メンマンレポ7
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 top↑
斎藤工FCイベC-1レポ5
続きです。
なんか一番いいところをいつも覚えてないOTL
まとめの挨拶とかいっつも覚えてないんですよねOTL
どうしようかこの頭(苦笑)
藤森「じゃあ次ゎ事前に皆さんからいただいてた質問に答えましょうかね。まずゎ
“役つくりをするのに必ずやることってなんですか?”」
工「さっきも言っちゃったんですけど、ドラえもんみたいに身近なものに例えたりしてます。
後、僕の場合雰囲気を掴む為に他の人の台詞とかも覚えたりしてますね。」

藤森「じゃあ次に
“これから演じてみたい役ゎありますか?”」
工「なんか現代の社会問題についても役に興味あります。同性愛者とか。(!!!)少年犯罪とかもそうなんですけど、最近すごい問題になってるじゃないですか。
で、僕モデルやってたんですけど、モデルさんとかデザイナーさんとかって同性愛が多いんですよ(!!!!)それだからかもしれないんですけど美への追求が半端無くて・・・僕たちとかじゃ比にならないくらい。『そこまでしなくて・・・・』みたいなところまでやってます。
ただ、その分すごい差別とかもあって・・・だから皆乗り越えてきたり耐えたりしてるから人の辛さって言うのが分かるんですよね。
オカマバーのママさんってキツイじゃないですか。でもその言葉の裏にあるものゎ奥深いと思います。」
藤森「僕も去年三ノ輪さんと舞台に立ってて。すごい乗り越えた感じを感じましたね。」
工「強いですよね。」

藤森「まだ行けますか?じゃあ・・・
“今まで言ったことのないお勧めの本ゎ何ですか?”」
工「~って本(忘れた;/大事なところをぉぉぉおおお~ニングサンダース?だったかも?)ですね。高校の時に読んだ本なんです。こんなに(ハリポタくらい?)あって2000円くらいする本なんですけど。
インディ・・・ネイティブアメリカンって集落があるじゃないですか。その酋長を追いかけたドキュメントです。
ネイティブアメリカンの話で、暮らしてた所にナポレオンが来て・・・」
藤森「ナポレオン?」
工「アメリカ大陸を発見した人達ですね。
~~~~~(このままあらすじ。あんまり覚えてない;)
すごいその時ネイティブアメリカンの文化とかに興味があって、読んだときゎすごい衝撃でしたね。今までの考えをすごい一気に変えられました。
インディアンってまだいるじゃないですか。
僕の大好きなジョニー・デップもインディアンの末裔だったり、ジュリアロバーツもそうだったり。
~~~
10年後にまた読みたい本ですね。」
藤森「読んだのゎ?」
工「高校の頃です。~、(本のタイトル)オススメですね。」
藤森「普通に買えます?」
工「はい、普通に買えます。なので是非読んでみてください。」

藤森「実ゎ私、工さんよりF.C.TAKUMIXへお手紙を預かっております。
まだ中身を読んでいないのですが・・・じゃ是非ご本人に・・・」
工「(着席。すると照明が暗くなり良いムードにwそして深呼吸して読み始めます。)
『親愛なるF.C.TAKUMIXへ
斎藤工が俳優になってから4年が経ちました。
最初の斎藤工はいてもいなくても同じ様な存在でした。悔しい思いもたくさんしたし、いつか見返してやろうと思ってました。
でも今はこんなにたくさんの人がメンバーとして支えてくれています。
~~~
知っていますか?夢は口に出した時点でもう半分叶っているって。
貴方は一人じゃない。だから一緒に夢を叶えていきましょう。
共に未来へ、共に夢へ。
これからも貴方と私のチームとして。
斎藤工』」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
良い場面だったのに全然覚えてねぇっ(号泣)
こんなんじゃぜんっぜん伝わりませんが、暗い雰囲気と工の読み方でもうすっごい感動したのっ!!!!!!!!!!!!!!!!
最初3行と「知っていますか?」の一行と「共に未来へ、共に夢へ」は工が言ったとおりです。
「知っていますか?」後の辺りが一番感動(TAT)
最初の方ゎ「最初全然売れなかったけど、今ゎたくさんの人に応援してもらえてる。貴方と今こうして同じ時を過ごしてるのも運命。」みたいな感じ。
後半ゎ「同じチームの一員として一緒に頑張ろう。そして夢を叶えよう」みたいな感じ。
工さん書くことにすごい重みがあってマジいつも泣かされます(ノ△<、)

工「緊張したーーーー!!」
藤森「素敵でしたねー。このお手紙ゎどこかで公開されますか??」
工「いや、多分今口にしたのでもう・・・。」
藤森「どうですか?こんなにたくさんの人にきていただけて?」
工「なんか人数じゃないと僕ゎ思ってるんですよ。
1対複数じゃなくて1対1の関わりというのを大事にしたいので。」
スポンサーサイト
C-1~FIRST CREATION~レポ comments (0) trackback (0) top↑
<<斎藤工FCイベC-1レポ6 | The Secret Rainbow | 斎藤工FCイベC-1レポ4>>
comments
top↑
*Post a Comment*
 

管理者だけに閲覧
 

Track Back
top↑
| The Secret Rainbow |


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。