向日葵 蘭のテニミュ、斎藤工さんを中心に語るブログという名のメモ帳です☆★
Recent Entries

2007-01-18 (Thu) 20:36 ありがとさ-んかく☆でした!!
2007-01-11 (Thu) 21:14 またまた
2006-12-31 (Sun) 01:10 お久しぶりですノシ
2006-12-14 (Thu) 20:21 ごめんなさぁいぃ;;
2006-12-12 (Tue) 21:35 つかれたー!!
2006-12-11 (Mon) 19:08 眠い…
2006-12-10 (Sun) 19:37 ねっむっ…
2006-12-09 (Sat) 22:02 M&Mレポ9
2006-12-09 (Sat) 21:29 M&Mレポ8
2006-12-09 (Sat) 20:41 メンマンレポ7
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 top↑
斎藤工FCイベC-1レポ
早速いきます!!
なんとか今日中にがんばりたいな・・・

最初~たくみのた、まで!!
まず藤森さんが登場(レポゎ敬称略)
藤森「私・・・ブルーベアハウスの・・・伝説です(笑)
この度、司会を仰せつかりました藤森~です。よろしくおねがいいたします。
まず、ちょっと前置きを。
この前の話です。某レンタルショップでの話です。カップルは歩いていました。これから一緒に見るのでしょうか?一緒にビデオを選んでいました。
『あ!俺、この映画超感動したんだ!!』
彼女ゎ『すごーい!何でも知ってるんだー』という尊敬の眼差しで見ていました。
少し前の話です」
一同「(笑&拍手)」
藤森「ぁ、ちょっとお待ちください。(入ってきたドアに向かう。で、ドアの中と何か話す。その時に振り向くと背中の『お前の話は聞いてない!』の文字が/爆笑)
え?皆さんどうしたんですか?
まぁ、いいですね。それでゎお呼びしましょう!!斎藤工さんでぇーす!!(と後ろのドアを指す)」
すると後ろのドアから男性が二人登場!!
一人ゎ青のユニフォーム、もう一人ゎ「愚ッ痴」のTシャツを着用。二人とも頭に大仏(笑)
藤森「えぇー!?二人―!?打ち合わせにもないんですが!?果たしてどっちが本当の斎藤工!?;」
二人ゎ部屋を巡回し・・・出て行く(笑)
藤森「えぇー!?行っちゃうのー!?工さぁーん!?・・・ってあぁ!?」
藤森さんの声がして前を見るといつの間にか工が!!!
工「そこのテーブルの下にいました(横のテーブルを指差し)」
工サンゎ会場の端に不自然に何故か一つ置かれていた机の下から登場したのでした・・・(笑)さすがだ!斎藤工!!!!(笑)
工「ずっといましたよ。だから皆さんのヒソヒソ声も聞いてました(笑)悪口言ってた人分かってますからね!!後で呼び出しますから!!(笑)
しかし肩懲りましたねー(肩を揉む)
ってゆーか・・・ネタ仕込みすぎだから(笑)」
藤森「これ?ちょっと面白いかなーなんて(笑/と言いながら背中の紙を剥がす)」

藤森「実ゎ初めての公式イベントですね。発足してから半年くらい経ったわけですが」
工「バスツアーからそれくらい経ちましたもんね」
藤森「いかがですか?」
工「いや、なんか半年前ゎFCが出来るなんて全然想像してなかったんですよ。だからここまでこれるとゎ本当に思ってませんでしたね。」

工「なんかちょっと結婚式みたいですよね、格好も(笑)」
藤森「相変わらずですけど、デカイですねー!!僕と並ぶと・・・(近づく)なんかボケとツッコミですよね(苦笑)」
工「ぁ、そっちなんだ(苦笑)じゃあがんばって突っ込んできます(笑)」

藤森「で、早速なんですが、フリートークをしようと思います。“た、く、み”に合わせてたの付く言葉、つのつく言葉、みのつく言葉を出していただいてそれについて話していこうと思います。」
工「タガメでもOKです」
藤森「タガメ!?」
工「タガメについてなら1時間ゎ語れますからね!!(笑)」
~~~
工「これゎ皆さんに聞くんですか?」
藤森「そうですね。」
工「当たった人ゎ強制?(苦笑)」
藤森「じゃあ思いついた人の挙手で」
工「でも・・・いないんだー(苦笑)」
藤森「じゃあ勇気あるそこの方。」
客「タイに行ってらしたということで、タイについてを。」
工「タイに行ってらしたということで、タイについてを、ということですが。」
藤森「タイにゎ何回かいかれたことがあるんですよね?」
工「そうですね。収録と、高校生時代に一回。」
藤森「何年前に行ったんですか?」
工「ぁ、高校時代に(苦笑)」
藤森「その時ゎどこへ?」
工「バンコク、プーケット、の後にピーピー島へ。知ってます?ピーピー島?
去年の津波で流されちゃったんですけど、“ザ・ビーチ”って映画の舞台になったとこなんですけど。
すごい小さな島なんですよ。船でしか行けない様な島で。
そこにいる人たち皆裸足みたいな感じで。」
藤森「白い砂浜ですか。」
工「そうですね。」
藤森「あれ?ピーピーだっけ?こんな大きな岩があるの。」
工「いや、それゎピーピーじゃないですね(苦笑)」
~~~
工「で、タイって象がいるんですよ!」
藤森「野象ね。」
客「(笑)」
二人「いや、本当にいるんですよ!!」
工「で、あっちって車で走ってて象が来たら象優先道路なんですよね(笑)象が来たら止まって、終わったら進む、みたいな(笑)」
藤森「なんか社会問題にもなってるんですよね?」
工「え、象ですか?」
藤森「そう、捨て象。デケーって感じなんだけど。」
工「どうやって捨てるんですかね?ダンボールにゎ・・・入らない(苦笑)4つくらい足元に置いて・・・(笑)」
藤森「工さん!これから皆さんお食事だから!!」
工「あ、気をつけます(苦笑)」
(↑の前のどっかで)
藤森「ぁ、ちょっといいですか?今皆さんの元にケーキと紅茶?コ-ヒーが運ばれております。そちらも食べつつ、聞いてくださいね。
話折ってすみませんでした。続きどうぞ(苦笑)」
~~~
工「向こうってお坊さんが普通にいっぱいいますよね。オレンジの布巻いた人。」
藤森「なんか男の人ゎ皆仏門を潜らないといけないらしいよ。」
~~~
藤森「ところで、水かけ祭りってあるの知ってる?」
工「テレビとかで見たことあります。」
藤森「なんか1週間か2週間?くらいの間誰にでも水かけていいの。
で、その期間、5000人くらいの死者が出るんだって!!」
工「え、水でですか!?」
藤森「なんか事故らしいんだけど、でも本当ゎドサクサに紛れて夫を殺害みたいなのだと俺ゎ睨んでる(笑)」
工「あ、保険金目当てとか?(苦笑)」
~~~
工「あっちの人ってすごいスクーターに乗りますよね。しかも一世帯で。」
藤森「え、家族!?」
工「本当ゎ二人なんですけど、四人くらいで乗ってるんですよ。お父さん、娘、お母さん、息子、みたいな。」
藤森「でも、ウチの母親もそういう風習があったらしく、スクーターに僕と姉を乗せて走ったことがあるそうです。
聞いたときゎゾッとしましたね(苦笑)
まだ僕が前で抱えられるくらいの時なんですけどね。
もうそんな母親ゎ海外に行っちゃったんですけど(苦笑)
今メキシコにいます。」
藤森「へー。」
~~~
藤森「それが前行ったときで。収録に行ったときの話なんか?行ったのゎいつ頃だったんですか?」
工「去年の10月か11月くらいですねー。前行ったときゎちょうど今くらいだったんですけど。」
藤森「じゃあ雨季じゃないですか。」
工「そうですね。スコールがすごい降ってましたね。なんかすごいいろいろと溢れちゃってるんですよ。
止めてる石とかも流されちゃって。でも向こうの人ゎ全然動じてなくて。
だからこっちから考えるとすごい違いですよね。
そういう中で撮ったカポエラのシーンがあって。すごくいい感じになりました。困ってるシーンがありましたね。」
藤森「それゎCallingに入ってますか?」
工「Callingもですし、写真集のNo Borderにも入ってますね。」
藤森「ちなみに持ってない方とかいますかね?」
工「そっれつらいですねー(苦笑)」
藤森「ちなみに持ってる方―???」
客「(挙手)」
藤森「皆さん持ってますねー!ちなみに持ってない方―??(苦笑)」
工「これゎ是非挙げてほしいですね!!(笑)」
客「(挙手)」
工「いた!!」
藤森「持ってませんか?」
工「良いですね。素敵ですよ(笑)」
客「もうすぐ届きます!!」
工「あ、じゃあ待っててくださいね(笑)
ちなみにじゃあCalling見たことない方とか?」
藤森「見たことある方―??」
客「(挙手)」
工「じゃあ見たことない方?何がCallingだという方??」
藤森「(挙手)
すみません、僕見てません(苦笑)
でも僕が見てても・・・でしょ!?(笑)」
工「そうですね・・・(苦笑)ぁ、でもそうでもないですよ!!
そういう内容じゃないんで。あれゎアイドルDVDじゃないんで!!(笑)」
藤森「そうなの?(苦笑)」
工「あれゎ旅なので。」
藤森「話があるの?」
工「一応。ロードムービーなので。」
藤森「そうか。じゃあ見るね。」
工「お願いします(苦笑)じゃあ見たら感想をfUJIMORIXに書いてください。」
藤森「分かりました。じゃあネタにします(笑)」
~~~
藤森「こんなのでよろしいでしょうか?」
スポンサーサイト
C-1~FIRST CREATION~レポ comments (0) trackback (0) top↑
<<斎藤工FCイベC-1レポ2 | The Secret Rainbow | 工C-1>>
comments
top↑
*Post a Comment*
 

管理者だけに閲覧
 

Track Back
top↑
| The Secret Rainbow |


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。